リースの飾り方 Part 1 
How to decorate Wreath



リースには始まりも終わりもないその形から、
生命や幸福がいつまでも続くように
という願いが込められています。

リースはクリスマスに飾るイメージが強いですが、
永遠と幸福を願って、一年中飾っていいんです!!

お花いっぱいのリースを長い間飾っておけるのは、
プリザーブドフラワーだけです...!


むしろじゃんじゃん飾っちゃいましょう...!

そうは言ってもリース...
どうやって飾ったらいいの...?


まずはシンプルにドアに飾ります...!

プリザーブドフラワーリース

もうこれは王道ですね...!
文句なくかわいいです^^

次はシェルフに置いてみました...!
リースはかけるだけじゃなくて、
壁に寄りかけるだけでも十分です^^


プリザーブドフラワーリース

ただ置くだけでもいいけど、洋書や瓶などお持ちの小物と
一緒に飾ると、お互いを引き立ててくれます。


そして次は...椅子と組み合わせてみる...!

プリザーブドフラワーリース

小さめのリースはこんなふうに、台の上に小物を乗せて、
組み合わせるとディスプレイ空間になります。

そしてこちらはトーネットの椅子にかけてみました。
椅子とリースはマスキングテープで留めています。

プリザーブドフラワーリース

椅子の背にリースをつける飾り方もあります。

ウェディングで新郎新婦の席につけたりすることがありますが、
自宅でもお客さまの座る椅子につけてあげてると、
おもてなしになるかなと思います。


プリザーブドフラワーリース

次は椅子に置くだけ...
玄関などお客さまを迎える空間に置いておくと、
ウェルカムの気持ちが伝わりそうですね。

プリザーブドフラワーリース

ただ椅子に置く場合は、少し大きめのリースの方がバランス的に
いいかなと思います(写真のリースは40cm)

こうやってみると、リースの雰囲気によって、
似合う椅子があるみたいです。

リースの飾り方、まだまだありすぎて長くなってしまうので、
Part2のクリスマスリースの飾り方に続きます。