リースの飾り方

リースの飾り方 
How to decorate Wreath


リースには始まりも終わりもないその形から、
幸せがいつまでも続きますように
という願いが込められています。

日本ではリースはクリスマスに飾るイメージが強いですが、欧米では永遠と幸福を願って、一年中飾って楽しみます。

日本でも最近では一年中リースを飾る習慣が根付いてきているように思います。

生花もドライフラワーのリースも素敵ですが、みずみずしいお花がいっぱいのリースを長い間飾っておけるのは、プリザーブドフラワーです。

そうは言ってもリース...
どうやって飾ったらいいの...?
 

コルロールがおすすめするリースの飾り方です。
 
1.ドアにかける
2.コンソールテーブルと組み合わせる
3.椅子に置く

 

1. ドアにかける
リースには魔除けの意味があり、ドアにかけると家の中を守ると言われています。

リースの飾り方

洋書でもリースがドアにかけられているのをよくみかけますね。

リースはドアにかけるのが一番美しいです。

ドアに装飾があったり凹凸があると、リースをより引き立ててくれます。

ただしプリザーブドフラワーは非常に繊細なため、外玄関に飾るのに適していません。

ドアにかけるときは、リビングなど家の中のドアに飾りましょう。



リースの飾り方

プリザーブドフラワーは生花に比べてとても軽いので、気軽に画鋲でリースをかけることができます。

とは言え、ドアの開閉時にリースが落ちてしまうかハラハラしますよね。

アトリエではアンティークのドアを壁に立て掛けて、リースを飾っています。

https://colroule.com/?pid=164471901

ドアを壁に立てかけるなんて、なんてトリッキーな!と思うかもしれませんが、なんか物足りないな...殺風景だなと思ったら、試してみるのもいいですよ。

インテリアの主役になるので、お気に入りのリースを飾るのにおすすめです。
 

 

2. コンソールテーブルと組み合わせる

ドアに飾るのは難易度が高いので、壁に飾っている方も多いと思います。

とは言え壁の面積は大きいので、リースだけがポツンとしてしまって、バランスをとるのがとても難しいです。

よく海外のインテリアで、コンソールテーブルとまるいミラーを組み合わせているのをみかけますが、そのミラーをリースに置き換えてみる方法です。

リースの飾り方

コンソールテーブルは細長い形で奥行きの狭いものが多いので、場所をとらずに壁面ディスプレイができます。

もちろんコンソールテーブルではなく、ベンチやサイドテーブルやチェスト(箪笥)でも大丈夫です。


アトリエではサイドテーブルを置いて、リースを飾っています。

リースの飾り方

インテリアにはフォーカルポイント(視線がいくポイント)があると、おしゃれな印象になると言われています。

部屋に入った瞬間視線がいく場所に、こんなディスプレイがあったら、どうでしょうか。

リースの飾り方

印象に残るインテリアになると思います。
 

 

3. 椅子に置く

玄関などお客さまを迎える空間に椅子を置いて、リースを置くだけです。

リースの飾り方
 

リースと椅子の組み合わせはとても相性がいいので、置くだけで絵になります。


特にウェルカムリースは、おもてなしの心が伝わりますね。

ただ椅子に置く場合は、少し大きめのリースの方がバランス的にいいかなと思います(写真のリースは40cm)


いかがだったでしょうか。
 

リースはお花好きさんに絶大な人気がありますが、飾るのはちょっと難易度が高いと思われていないでしょうか。

確かにアレンジなどと比べて工夫が必要ですが、しっくりくる場所を探してみるのも楽しいですね。


私自身もいろいろ試してみて、また新たなアイデアがあればどんどん更新していきます。


リースの飾り方〜テーブル編〜はこちらから↓
テーブルリースの飾り方

 

カテゴリーから探す
ご用途から探す
カラーから選ぶ
ご予算から選ぶ
送料・配送料について
お支払い方法について
お問い合わせ
ログイン